上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
在特会では8月4日から6日にかけて、原爆ドーム周辺で街宣を行い、最終日にはデモ行進をしました。
千葉支部からは6日に、私奥田と、桜井支部長が参加しました。
6日の街宣とデモ、反原発デモへのカウンターについて報告させていただきます。

我々が集合地点へ向かう途中、左翼によってすでに不法行為が行われておりました。
中国電力本社ビルの正面玄関に座り込み、街宣をやっていたのですが、当然無許可です。
あろうことか、警察が不法行為を守るという、秩序を害する行為が行われておりました。

我々がそれに対し、警察に抗議を上げてるさなか、
我々の後方の車道を左翼のデモ隊が、
太鼓をたたきながら
原色のプラカードを用いて
歌を歌いながら

行進しておりました。
非常に残念な事に、私と同年代の若者が、趣旨もろくに把握せずに抗議活動を行っておりました。
これにに対しても、抗議の声をあげたのですが、
持っていたプラカードを投げつける事で
彼らからご返答をいただきました。
すべて、警察の前で行われたことです。

その後、広島平和記念公園に入ると、あちこちで反日左翼街宣が行われました。
すべて、無許可無申請違法行為です。
中には公園の真ん中に座ったり、車イスを用いる事で通路をふさがれている場所もありました。
*夕方、その件で口論となりましたが、警察は何もせず、左翼の連中はここを通るなと、勝手極まりない横暴を働いておりました。

また、核を否定しておけば、何を言っても平和に繋がるといった安直な考えにより、好き勝手に行われておりました。 
私が公園に入った際に聞こえてきたのは、
「北朝鮮に平和を!」
「韓国に平和を!」
等と言って、数カ国の国旗を掲げて回っていた意味不明な団体を目にしました。
私が見ていないところで、シナ中国の国旗も上がっていたのかもしれません。
このサイトをご覧の方であれば周知の事実、私が目撃した上記の二国は敵対国です。
両国ともに軍を用いて領土領海領空を侵犯し、政府自体がわが国に脅迫をかけるとんでもない国であります。
その二国の国旗を高らかに掲げ、平和を訴えるなど、言語道断、詐欺です。
あからさまに北朝鮮や韓国の国旗を掲げた愚かな団体は、彼ら一団体だったようです。

その後、私どものほうで公園入り口付近において、街宣をさせていただきました。
今回の広島の抗議行動には全国各地の在特会員及び、有志の方々に賛同していただきました。
街宣では数名の支部長及び副会長にマイクを取っていただき、
県民に対して、また、反日左翼に向けて声を上げさせていただきました。
また有志の方数名にも、弁士を務めていただきました。



街宣後休憩を取りまして、元安橋より出発し、アーケード内を通り、原爆ドームを終点とするデモ行進を行いました。
何度か、平和を訴える団体がデモ隊に攻撃を仕掛けるという事がありましたが、無事にデモを終えることができました。

デモ後、平和を訴え、反原発を掲げる団体がデモを行うとの事で、カウンター街宣を行いました。
本文の前のほうで書いた、を掲げた団体がデモ行進を行いました。
当然のことながら、日本を変えようと訴えるハズの彼らのデモには、日の丸ひとつもあがっておりませんでした!
我々はこのカーニバルでもやるかのようなお茶らけたデモ行進に対し、怒りの声を上げさせていただきました。
無題

今回の遠征を通し、私が感じたことですが、彼らの結論ありきの活動には、それを説明できるだけの理由がありません。
何度か我々は彼らと衝突しましたが、幾度となく、彼らに論理的に説明を求めました。
結果として返ってきたのは、暴力的行動であったり、うるさい、黙れ等の、情けない言い返しでしかありませんでした。
どう人数が集まったところで、根本にある論理破綻した主張は、どうにもならないと思います。
今年初めて、広島で”平和のために核武装を”というう事を掲げましたが、
現在、わが国において稼動している多くの原発や、アメリカが保有し持ち込んでいるであろう核ミサイルが、シナ中国の3000発の核ミサイルからわが国を守っているという現状を鑑みれば、当然であり、自然な主張であると確信しております。



今回彼らは三万人いたといわれておりますが、
対して我々は総員で77名でした。
この状況下においても、唯一日の丸を揚げ、日本のためにと声を上げ、
根拠と現実的なビジョンを明示して行った我々の抗議活動は、
確実に広島県民に響いたのではと自負しております。
今回の抗議において、広島県民が自ら、平和の日を選んで便乗し、馬鹿騒ぎをする反日非平団体をたたき出してくれることを願っております。
つきましては、来年は反日集団が白昼堂々とデモを行えることなどないようにできればと思います。

なお、街宣、デモの動画につきましては、下記のリンクにて変えさせていただきます。
在特会公式ホームページ 広島遠征動画リンク集

奥田 洋平
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://zaitokuchiba.blog.fc2.com/tb.php/13-c387fcf0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。