上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月27日に、千葉駅において、デモ行進と街宣をやらせていただきました。
市民ネットワーク千葉県と、民主党に対し、デモは約1時間、街宣も1時間ほど行いました。
インターネットの生放送等で、抗議を見てくださった方、
千葉県内に限らず、遠方からも参加し、抗議の声を上げてくださった方、
沿道から声援を送っていただいて、デモに加わってくださった方、
現場において、生放送等で周知していただいたカメラマンの方、
この左翼に対する抗議行動に賛同、応援していただき、大変感謝申し上げます。
ありがとうございます。

無題


今回の抗議、周知内容は、市民ネットワークと、民主党でした。
市民ネットワークについては、デモの中では、自衛隊否定と、韓国朝鮮人売春婦の擁護、自虐史観の押し付けについて言わせていただきました。当ブログでも何度か書いておりますが、この問題は解決どころか、悪化の一途を辿っております。
中核派と組んで政治活動を続ける彼等は、反原発と、被災者支援いう新たな看板を用いて、あからさまな売国行為を続けております。
また、シナ中国、ロシア、北朝鮮、他等の、我が国に対する軍事的脅威となっている国へも、平和、友好関係という言葉を用いて、交流という名の浸透をおこなっております。
名前やウリ文句を変えて市民に寄り、権力維持をはかっております。

民主党に関しても、韓国マダンでの、野田総理の韓国民団に対する謝意がありました。
韓国マダン 野田総理挨拶
また疑惑ですが、朝鮮人からの献金が指摘されております。
その他、野田政権による朝鮮への支援が行なわれ、被災した国民を見殺しにしていくのが現状であります。

我々市民団体としては、ある限りの市民の権利で、あらがわなくてはなりません。
ただ、今回の抗議では、多くの方に賛同していただきました。
街宣でも、多くの方に足を止めていただいておりました。
デモ行進はそう何度もできるものではありませんが、
街宣や、ポスティング、行政交渉等、県政、国政のために運動を進めてまいりますので、今後ともよろしくお願いします。
今回、以下の方に動画をあげていただきましたので、リンクを張らせていただきます。

ばびちゃと様

フィン・ファンネル様

在特会 千葉支部
奥田 洋平
市民ネットワーク千葉県のこれまで我々が抗議を行ってきた経緯について、若干ではありますが、書かせていただきます。

市民ネットワーク千葉県は、大陸間弾道ミサイルの迎撃用ミサイル、PAC3に反対をしております。
PAC3は、ミサイルを打ち落とす為のもので、敵地攻撃や、対艦ミサイルなど、他の目的では使えない、防衛のためのミサイルです。射程は20キロ弱といわれておりますが、市民ネットワーク千葉県は、このミサイルで北朝鮮への攻撃を行なうのでは?と危惧しているのです。また、仮に弾道ミサイルの迎撃が行なわれた場合に、北朝鮮ミサイルの破片が広い範囲に飛び散り、危険だ!と言っております。
これが生物兵器や、核弾頭搭載兵器であっても同じことが言えるのでしょうか?もっとも、爆発しか伴わない通常兵器でも、着弾するより、上空で爆破したほうが、被害を最小限にとどめることが出来るのは、明白です。
そして、陸上で爆破するより、海上で爆破したほうが被害はよりすくなくなります。今回のミサイル発射実験には、SM3という、PAC3より射程が長く命中率の高いミサイルで、イージス艦から発射し、海上で爆破できるも配備されております。
ただ、市民ネットワーク千葉県としては、自衛隊の存在自体を認めておらず、どんなに人道的、防衛的、被害の少ない自衛策を生み出しても、否定となります。
以上の事を踏まえ、ミサイル攻撃がたびたび行なわれる中、ミサイルを撃たれてもいいと言う立場を覆さない、防衛組織はいらないと豪語しており、自殺志願ともいえるでしょう。

また、市民ネットワーク千葉県は、慰安婦問題でも布石を残しております。
県議会議員が政務調査費で韓国まで行き、水曜デモに参加しました。
国政でも岡安トミ子が、韓国で日の丸にバッテン印をつけて喜んでおりました。
比べるわけではありませんが、血税で反日活動に参加と言う、どうひねってもありえない事が行なわれ、糾弾されることなく流されているのが現状です。
これについても今回のデモで触れ、抗議してまいります。

市民ネットワーク千葉県は、桜井会長からも生放送であった通り、左翼であり、韓国、北朝鮮を擁護する売国行為を行なっております。地方政党でマイナーであるとはいえ、民主党よりわかりやすいかと思います。
震災を期に、反原発運動を展開しておりますが、その反原発運動へも、反核や反自衛隊、反天皇陛下、憲法九条を守れ、など、便乗して政治運動を展開しております。
震災=反自衛隊というのは矛盾しているのでは?とのご指摘もあるかと思いますが、そんなデモが、市街地を白昼堂々と行なわれております。
このような事態を打破すべく、今回の千葉デモに至りました。

抗議対象に、市民ネットワーク千葉県とともに、民主党も当てさせていただきました。
千葉では船橋から、民主党は野田が選出されており、県政においても民主党県議会議員の問題視する事案が多数上がっておりますことから、今回主題として声を上げるのは妥当であります。
都内において、多くの声が上がっておりますが、千葉でも左翼がこうして根を張っている以上、我々は今後も徹底的に声を上げてまいりますので、よろしくお願いします。

在特会 千葉支部
奥田 洋平

5月27日 対市民ネットワーク、対民主党、千葉決起デモ&街宣
活動予定
【日時】
 平成24年5月27日(日)
 集合 12:30
 デモ前挨拶 13:00 
 デモ開始 13:30
 デモ終了予定 14:30(ゴール地点は葭川公園です)
 デモ終了後、15分ほど休憩後、葭川公園にて一時間ほど街宣予定。
 
 ※コースについては、当日の発表とさせていただきます。
 
【集合場所】
 葭川公園
千葉県千葉市中央区中央3-2

【アクセス】
 千葉都市モノレール葭川公園駅より降りてすぐ。
 徒歩でも千葉駅から10分程で来れます。


【注意事項】
 雨天決行
 国旗・旭日旗・Z旗・プラカード持参歓迎
 特攻服など現場にそぐわない恰好はご遠慮ください
 撮影が入るため、顔を写されたくない方はサングラスなどご持参ください
 現場責任者の指示に必ず従ってください

【主催】
 在日特権を許さない市民の会 千葉支部

【現場責任者】
 奥田洋平(千葉支部長)

【問い合わせ】

 千葉支部 奥田 khaos1130@gmail.com


【日時】
 平成24年5月27日(日)
 集合 12:30
 デモ前挨拶 13:00 
 デモ開始 13:30
 デモ終了予定 14:30(ゴール地点は葭川公園です)
 デモ終了後、15分ほど休憩後、葭川公園にて一時間ほど街宣予定。
 
 ※コースについては、当日の発表とさせていただきます。
 
【集合場所】
 葭川公園
千葉県千葉市中央区中央3-2

【アクセス】
 千葉都市モノレール葭川公園駅より降りてすぐ。
 徒歩でも千葉駅から10分程で来れます。


【注意事項】
 雨天決行
 国旗・旭日旗・Z旗・プラカード持参歓迎
 特攻服など現場にそぐわない恰好はご遠慮ください
 撮影が入るため、顔を写されたくない方はサングラスなどご持参ください
 現場責任者の指示に必ず従ってください

【主催】
 在日特権を許さない市民の会 千葉支部

【現場責任者】
 奥田洋平(千葉支部長)

【問い合わせ】

 千葉支部 奥田 khaos1130@gmail.com

 昨今の北朝鮮からの我が国への長距離ミサイルによる威嚇に加え、3.11の震災により、多方面において自衛隊に頼らざるを得ないのが現状です。
千葉市政、県政に携わる市民ネットワーク千葉県は自衛隊の存在意義を認めない上、外国人参政権を認めたり、朝鮮学校への補助金に対して支給の構え等の、特定アジアへの優遇の方針を未だ崩しておりません。
 また、民主党は閣議決定で人権侵害救済設置法案を通そうとしており、人権という名の下に都合の悪い分子を差別主義者と決め付け、逮捕し、罰金を科します。その都合の悪い分子とは我々保守陣営に他なりません。
その民主党の野田総理を選出したのは千葉であります。
馬鹿ばっかりの糞政権にビオレで顔を洗わせメリットで頭を洗わせサクセスでトドメをさし、しあげにウリごこちで肌を整えさせハッピーターンとコアラのマーチをつまみにしモルツで乾杯させましょう!
この度は問題多き千葉にて、市民としての抗議の声を上げ、国民運動を拡大すべくデモ行進と街宣を行ないますので、ぜひ声を上げましょう。

市民ネットワーク千葉県については追ってアップしていきますが、千葉で一緒に動いている千風の会さんの方で多く情報があがっております。
抗議前に見ていただければと思います。
千風の会 

民主党のこれまでにとった政策には、我々のように国を好きでよくしようと思ってる方々でない、いわゆるノンポリといわれる人も、怒りを覚えるものばかりでした。
被災地復興支援を急務とする現状、不必要に韓国や中国への支援、観光客を誘致する目的での無計画で無秩序な入国管理、我々を脅かす対象への利敵行為や服従行為等、日本人としての誇りを無下にする行いばかりが目に付きます。
あえて景気対策を復興支援と同等に考えるのであれば、まずは日本人のための政策を行なうのが必然であり、当たり前ではないかと思います。

このことを踏まえ、千葉陣営としても声を上げさせていただきますが、時間を設けますので、ぜひ今まで弁士をしたことのない方でも、カンペ持ちで結構ですので、しゃべっていただければ幸いです。。
デモ後でお疲れとは思いますが、日頃の街宣やデモ等の抗議後に「やりたりない」などといっている方を目にしておりますので、時間は十分ありますから、ぜひ声を上げていただければと思います。
運営としても、千葉の問題に全力で取り組んでいきますので、これを機にご助力の程、よろしくお願いします。
衆知の通り、4月13日に北朝鮮により、自称人工衛星、核搭載を主目的としたミサイルの実験が行なわれ、金正恩の軍への激励も虚しく失敗に終わり、汚い花火へと変わりました。
このミサイル、実験のたびに我が国の方角へ向け放たれており、今回も被害が出なかったことは幸いです。
しかしこの国民の生命・財産を脅かす危機的状況に対し、千葉市が誤った広報をしていたので、あげさせていただきます。


千葉市の危機管理化からの広報です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
更新日:2012年4月11日
北朝鮮による「人工衛星」と称するミサイル発射に関するお知らせ
北朝鮮が4月12日(木)から16日(月)に「人工衛星」と称するミサイル発射を通告している件について、政府は、何らかの物体が我が国領域内に落下するケースが、通常起こらないことから、国民に対し平常通りの生活を続けるよう呼びかけています。
また、万万が一に備え、次の点に注意していただきたいとしています。

・仮に落下物らしき物を発見した場合には、決して近寄らず、警察・消防に連絡すること
・テレビ・ラジオ等の情報にも注意すること

なお、本市では住民の皆様まで緊急に情報を伝達する必要がある場合には、防災行政無線等を用いて情報伝達いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で、以下が政府発表のものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何らかの物体が我が国領域内に落下してくるケースは、通常は起こらないわけですが、政府としては万万が一に備え、弾道ミサイル防衛能力を有する自衛隊の部隊を展開させ、警戒態勢をとらせることとします。さらに念のため、一部が我が国領内に落下した場合に備え、関係機関が緊密に連携し、住民等の安全を速やかに確保することが出来るよう、自衛隊・警察・消防・海上保安庁が所要の態勢をとることとします。なお、仮に、国民の皆様が落下物らしき物を発見した場合には、決して近寄らず、警察・消防に連絡して下さい。
 各交通機関を含め、国民の皆様におかれては、北朝鮮が発射に関し事前通報している時間帯においても、平常通りの生活・業務を続けて下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


見てわかる通り、自衛隊や他の国家機関が警戒態勢をとっておりますから平常通りに暮らしてください、との趣旨が抜けております。千葉には、習志野駐屯地があり、北朝鮮のミサイル危機の度に警戒態勢を布いております。今回のミサイル危機に対し、自衛隊配備等は考慮せずして平常な生活を保てと言うのでしたら、北朝鮮による核攻撃を目的としたミサイルを脅威ではない、と同じ意味になってしまうのでは?

ところで、千葉に県議を出し、県政を担う市民ネットワークは、毎年反PAC3デモに携わっております。 
その中身といえば、ミサイルが着弾するより、空中で迎撃するほうが被害が甚大だ!などといった主張で行なわれております。仮にそれが核ミサイルだとしても、地上できのこ雲が上がるほうが、空中でバラバラとなって破片が大気圏外に消えるより安全だと。
そして半年前の同デモでも、未だ震災に自衛隊が精を尽くす中、自衛隊を解体せよとの、とんでもない事が言われておりました。それは今回のミサイル危機の最中でも、自衛隊はいらないとの意向を明らかにしております。



今回の千風の会と一緒に行なった街宣では、
抑止力の為に核武装をしなくてはいけない、憲法9条の破棄、侵略を目的としない日本軍の設置等、大きな声で主張させていただきました。
主題としまして、もっとも平和的な対ミサイル防衛システムであるPAC3に対し、抗議の声を上げるのは誤っている、です。
たかだか射程数十キロの地対空ミサイルで、日本を守ろうとしているのです。
そもそも議員が、「地対空ミサイルで北朝鮮を侵略するな」なんて事を言っているのが、すでに常軌を逸しております。
未だに、尖閣諸島を略取しようとするシナ中国、竹島を侵略した韓国、北方領土を侵略したロシアに対して非武装で日本を護ろうという日本人に対し、抗議の声を上げていきます。
日本を守る力も、技術もあるのに、「日本を守らせない」といった一部の馬鹿な日本人の自殺行為をやめさせるためにも、今後もこの日本人を巻き添えにする自殺志願者と戦っていきますので、よろしくお願いします。
皆様、お世話になっております。

これまで在特会千葉支部長を務めさせて頂きました櫻井です。

在日特権を許さない市民の会の運動を通して、色々な方と出会い、
その中で私の中で大きく成長する事が出来た事の感謝を、お伝え申し上げます。

北は北海道、南は九州まで、暖かい方々と運動出来たことを幸せに感じております。

さて、この度は在特会千葉支部の支部長を、現運営で活躍されている奥田洋平氏に
引き継ぐ事となりました。

私がこの運動に参加するきっかけは「拉致被害者」と「竹島問題」でしたので、
本年の2月22日(竹島の日)を終えて引継ぎの声明を出すつもりでしたが、
私情で遅れてしまった事をお詫び申し上げます。

昨年から引継ぎ作業は行っており、身近な方は知っておられるでしょうが、
支部長交代の大きな理由は、昨年3月11日の東日本大震災をうけてからで、
決して在特会の運動に賛同できなくなったからではありません。

震災の後、すぐに桜井会長が自ずから、余震や停電に不安を感じておられる方々の為に、
東京消防庁のレスキュー隊の活動を行っている事に胸を打たれ、翌月に福島県の南相馬市に
支援物資を届けに行った時に見た、被災地の変わり果てた姿に、自分の中での運動の優先順位が
変わった事も大きな要因です。

これまで、関東大空襲、関東大震災をうけた後の私たちの先人は、自分の生活を捨てて一丸となり、
日本の為、日本人の生活の為に全力で復興してきました。
それに比べ、現在の被災地の状況は一年過ぎた今でも、予算を削られた数少ない自衛隊と、
遠くから移動で来た警察官、被災地の方々しかいない事に、深く考えさせられました。

記憶に新しい「阪神淡路大震災」の時の復興も、立場を問わず地元住民が一丸となり、
助け合った事が良かったと、言われております。
恥ずべき事に、当時の私は「大変そうだな」「自分じゃなくて良かった」などと思っていました。
今回の震災でも、離れた場所では同じような考えの人もいるでしょうが、
今の弱った日本人では珍しくないと思います。

これまでとは違い、インターネットを通じ、在特会や右派系他団体、
保守的な考えを持つ一般市民が増え、被災地の状況や安否確認などを、
主に「Twitter」などで拡散する事はいい兆候だと感じましたが、
実際に被災地まで行かれた方は少なく、在特会が行っている「行動する保守」とは遠い気がします。

これからの自身の活動は、変わらず行っていきますが、主に立て直し中である被災地の弱った行政に、
反日左翼を絡ませない事や、微力ながら自分に出来る事をやっていきます。

勿論、在特会千葉支部としての活動にも協力させて頂きますが、これからは奥田支部長をはじめ、
行政訴訟等で尽力されている石塚氏、ポスティングや署名活動を地道にやっているムードメーカー的存在の高橋氏や、様々な問題提起をされている桜庭氏を中心にやっていく体制ですが、
まだ人材不足は否めませんので、これまでと同様に皆様のお力添えをお願い致します。

最後になりましたが、在特会各支部の皆様、「主権回復を目指す会」西村修平さん、野沢さん
私に運動のイロハを教えてくださった「千風の会」渡辺さん、「排害社」の金友代表、加藤さん、
「日侵会」菊川さん、関東では、村田春樹さん、槇泰智さん、瀬戸弘幸さん、維新政党・新風の皆様、
関西では荒巻靖彦さんと西村斉さんを中心とする有志の皆様、そして「在日特権を許さない市民の会」
桜井誠会長、大変お世話になりました。

在特会千葉支部長として、これまでやってこれたのは皆様のおかげです。

今後とも御指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。


平成24年2月23日 櫻井達郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。